バイアグラはファイザー製薬が発売している男性器のペニスを勃起させやすくする成分を含んだ薬です。
男性のペニスの勃起が満足に行えない状態はEDと呼ばれますが、バイアグラは世界初のED治療薬として発売され、日本でもクリニックで処方される薬です。
現在のバイアグラはEDを治療するだけでなく力強い勃起を手に入れるためにも使用されているもので、性生活の改善や向上といったことを目的に使用されていますが、入手する方法にはいくつかの種類があります。
もっともベターなのがクリニックで購入する方法ですが診察を受けてEDである必要があります。
もうひとつが海外で発売されているものを個人的に購入する個人輸入といった方法です。
いずれもメリットとデメリットがあり、自分にあった方法で手に入れることが大切です。

安全に手に入れるならクリニックの処方

クリニックの受付 バイアグラを手に入れる方法としてベターなのはクリニックで処方してもらい購入することです。
クリニックといってもいくつかの種類があり、一般病院とED専門クリニックがあります。
一般病院では問診だけでなく検査を行った上で処方を行うので安心ですが時間も費用もかかります。
一方でED専門クリニックでも同様に検査を行ったりするところもありますが、簡単な問診だけで薬を処方してくれるところもあり、比較的手軽に手に入れることが可能です。

また日本国内でバイアグラを購入するメリットとしては、まず偽物が存在しないことです。
すべてファイザーから直接購入しているので、正規品しか扱っていませんから安心です。
また医師からの指導も受けられるので併用禁忌薬や持病等があれば、それに注意して飲むように指示されます。
特に普段から飲んでいる薬で問題があるかを判断してくれるので、その点でリスクを下げることができます。

一方で国内で発売されているバイアグラの価格は高価で、保険も適用されませんから全額自己負担です。
相場としては1錠あたり1,200円から1,500円ぐらいです。
日本で販売されているものは有効成分のシルデナフィルが含まれている量が最大で50mgとなっています。
これは日本人の体格が欧米人よりも小柄であるためですが、重度のEDでもシルデナフィル50mgで、通常はシルデナフィル25mgが処方されます。
また簡単な問診といっても診察料が発生するためバイアグラの薬代だけで手に入れることはできず、最終的には1錠あたり2,000円程度かかることになります。
なお、1度に処方される数は1錠から販売しているところもありますが、4錠1セットが基本で、このためクリニックでは8,000円程度の費用が必要になります。

安く手に入れるなら個人輸入・通販サイト

通販購入 バイアグラを安く手に入れるのであれば、海外から個人輸入するという選択肢があります。
バイアグラは世界中で販売されています。
個人輸入といってもそれほどハードルの高いものではなく日本国内の通販サイトと変わらない感覚で入手ができます。
医薬品の個人輸入は違法といったイメージもありますが、個人が使用することを目的に海外の業者から購入することは違法ではありませんし、またバイアグラのように日常的に使用する薬ではないものであれば問題ありません。
個人輸入によって手に入れるメリットは診察費や検査費がかからないこと、クリニックに行く必要がないので手軽に入手できるといったものです。
価格に関してはファイザーの正規品の場合には違いはありません。
このため、1錠あたり1,500円程度で大幅に安くなるというものではありませんが、クリニックで購入するよりは安価です。

また海外で販売されているジェネリックも購入することができます。
バイアグラのジェネリックで有名なのがインドの製薬会社が製造するものです。
ジェネリックは後発薬と呼ばれ先発薬の特許切れのあとに販売される薬ですが国によってこの特許制度が異なります。
インドの場合にははやく特許が切れたためバイアグラをはじめとしたさまざまな薬のジェネリックが製造販売されており、安価に供給されています。
内容はほぼ同じですから安心して利用することができます。

その上で価格は半分以下であり、ランニングコストを下げて薬を使うことが可能です。
一方でインドのジェネリックは日本では承認されていませんから個人輸入でしか手に入れることができません。
承認されていない薬ですからリスクもありますが、中身そのものは先発薬とほぼ同じですから先発薬と同じ使い方をすれば特に危険なものではありませんし、バイアグラの正規品を購入するよりも場合によっては安全です。

いずれにしてもバイアグラやそのジェネリックを安く手に入れるのであれば個人輸入を利用するのがベターな方法ですし、通販サイトを利用すれば国内で購入するのと変わらない感覚で入手できます。
ぜひ一度通販でバイアグラを安く購入してみましょう。

通販サイトは偽物に注意!

個人輸入・通販サイトを利用する際の注意点としては偽物の存在です。
日本では医薬品の流通が整備されていますが、外国でも特に東南アジアの場合にはその流通が整備されておらず偽物が混ざり込むリスクがあります。
また個人輸入の場合には現地の業者が調達してきたものを購入するわけですから、それが正規品であるか偽物であるかは購入する前に購入者が見分けることはできません。
ただ偽物の問題は通販サイトも認識しているところで、このため少しでも安心してもらえるように成分検査を抜き打ちで行っているところもあります。

しかし、やはりリスクは付き物でバイアグラに関しては報告によれば個人輸入や通販サイトからの購入の4割程度が偽物とされています。
このためファイザーが発売している正規品のバイアグラで格安で販売されているものは偽物である可能性があり手を出すのは厳禁です。
偽物でも含まれているシルデナフィルの量が少ないものや、まったく入っていないもの、さらに有害な成分が入っているものなどがあり健康を害するリスクがあります。
特に正規品はファイザーの製品ということから安心感があり購買意欲をそそるものですが、下手に安価なファイザーのバイアグラを購入するよりも最初からジェネリックを購入した方が安全なケースもあります。
ジェネリックは海外でも安価であるため広く流通しており、流通量も多いので偽物が入り込むリスクが低いものですから安心して利用することができます。

また偽物以外にも通販サイトの中には悪質な業者も存在しており、お金だけ取って物を送ってこないといったところもあり、そのような業者に捕まらないためにも口コミなどで評判の高い老舗の通販サイトを利用するのが無難です。

バイアグラのジェネリックの価格相場はどのくらい?

ジェネリック医薬品 ED治療薬のバイアグラの価格は1錠あたり1,500円から2,000円程度が日本国内で手に入れるための相場です。
この価格は日本以外の海外でも変わりないものです。
1,500円以下で売られているバイアグラは偽物の可能性があり手を出さないのが無難ですが、キャンペーンやまとめ買いによる割引であれば問題ありません。
ただいずれにしても本物のバイアグラを手に入れるのであれば、国内のクリニックで処方してもらうのがベターな選択ですし、何よりも安全です。
それでも価格を抑えたいといった場合には、バイアグラのジェネリックが選択肢になります。

バイアグラのジェネリックの価格相場はメーカーによっても変わってきますが、1錠あたり60円から250円と半分以下で手に入れることができます。
さらに多くはシルデナフィルの含有量が100mgですから日本人が使用する場合には、半分か4分の1に減らして使用するのが無難で、より費用を抑えることが可能です。
また服用方法も錠剤タイプから水なしで飲めるゼリータイプ、チュアブルタイプ、水に溶かして飲むタイプなどがあり、味付けされることで服用しやすくなっています。
このような格安の背景にはインドの特許制度によるもので、これらバイアグラのジェネリックのほとんどはインドで生産されたものが中心です。

いずれにしても価格面だけでみれば1日あたりのコスト負担は極めて小さくなり、薬代も気にならない程度にまで抑えることができます。
ただし偽物の存在や日本では承認されていない成分が使われていることもあり、必ずしも安全な薬とは言えません。
それらのリスクを理解した上でバイアグラのジェネリックは使用する必要があります。