バイアグラには女性用が存在する?その効果とは

女性用バイアグラのウーメラのジェネリック医薬品であるラブグラは有名で、服用している人が多いです。
ラブグラにはシルデナフィルが配合されています。
シルデナフィルは不感症の原因であるPDE-5という酵素の働きを阻害する薬です。
そのため、服用すると性的な刺激を受けやすくなります。
性的な刺激を受ければ分泌物が増えるので挿入する時の痛みを軽減できます。
こういった効果があるので、ラブグラは性行為で感じられないという人や挿入する時の痛みが辛いという人にオススメです。

シルデナフィルは腸からゆっくり吸収されるので空腹時に服用するのが効果的です。
なぜかというと、食事やアルコールの影響を受けやすいからです。
高脂肪の食事もよくありません。空腹時に服用しないと効果が弱くなったり効果が出なかったりするので気をつけましょう。

服用するのは性行為の1時間前ぐらいがいいです。水かぬるま湯と一緒に飲みましょう。
服用して30分から1時間ぐらい経つと効き始めてきます。
効果は5時間ぐらい持続するので、その間は性的な刺激を受ければ何度でも性行為ができます。
ラブグラの1日の上限は100mgで次に服用する場合は24時間以上は空けないといけません。
服用方法を守らないと副作用が強く出てしまう場合があるので注意が必要です。

主な副作用は頭痛やほてり、鼻づまりなどです。
副作用は効果が薄れてくると自然に治るので心配ありません。副作用が強く出た場合や長引く場合はすぐ医師に相談しましょう。

ラブグラには併用禁忌薬があるので注意が必要です。
併用禁忌薬はニトログリセリンなどの硝酸薬、不整脈に使われるアンカロン錠です。
アルコールやカフェインとの相性も悪いので気をつけないといけません。アルコールと一緒に服用すると持続時間が短くなってしまいます。
カフェインは血中濃度を上昇させてしまうので効果が強くなってしまいます。

女性用バイアグラのラブグラに興味を持った人は購入方法を知っておくといいです。

女性用バイアグラの入手法は個人輸入のみ

女性用のバイアグラと呼ばれているウーメラのジェネリック医薬品であるラブグラは、バイアグラの主成分と同じシルデナフィルを使用しています。
その効果もバイアグラと同じで、血管を拡張させて血行不良の人の血液の流れを改善します。

女性が血行不良になると血液の流れの悪さから膣からの分泌液が減少し、性欲が減退されます。
血流量を増やせば性欲が向上し、性行為の時も膣からの分泌液が潤滑油の役割をしてくれるため、不感症で悩んでいる女性には効果の高い治療薬と言えます。

服用方法はバイアグラと同じで、水で飲むと良く、アルコールや油分を含んでいる牛乳などで飲むと効果の出る時間が遅れたり、効果が低くなってしまう場合があります。
油分を含んでいるとその油が胃で分解されにくいため効果が生じる時間も遅くなってしまうからです。
また、空腹状態での服用が効果を最も発揮するのは、薬が胃で分解吸収される時に食べ物に含まれる油分が影響せず、薬の成分を体内に取り込みやすいからです。

女性用の不感症を改善するための治療薬としては一定の評価を得ているのですが、この治療薬は販売されて間もないため、日本では認可されていません。
そのため、購入するには製造している製薬会社から個人輸入するしかないのですが、個人輸入といっても自分で輸入のための手続きや申請を行う必要は無く、輸入代行業者に購入を依頼して送付してもらえばいいのです。
そのため購入方法は通販の形式と似ています。
このような輸入代行業者は独自にサイトを開設しているので、そのサイトから買えばいいのでそれほど難しい手順を踏む必要はありません。

ただし女性の不感症は血行不良が原因ではないことも多く、全ての不感症の女性に効果が出るわけではありません。
治療薬を使用する場合には事前に医療機関などで自分の不感症の原因を突き止めておくというのが最適な手順です。